叱らないでも いいですか

「叱らないで、子どもに伝える・通じ合う」 小学校教師、『新間草海』の本音トークです。

「それができたら、苦労しませんよ」というセリフ

. 新間先生のいうことは分かります。 でも、それができるんなら、だれも苦労しませんよ。 そう、言った途端、何が起きるか。 脳に、フィルターがかかる。 「それは、むずかしいこと」 「それは、ほぼ不可能なこと」 「それは、特別な人しかできないこと」 た…

明治のお菓子、やんやんつけぼー

日記に、やんやんつけぼー、と書いてあった。 なんのこっちゃ、と思った。 子どもが、 「先生、知らないの。お菓子だよ」 いっしょに隣にいた友だちも、 「知ってるー。チョコをつけながら食べるんだよね」 だと。 日記によると・・・。 先日、やんやんつけ…

【道徳授業】嫉妬するとつらくなるのはなぜか

友達の新品の靴に、じょうろで水をかけた事件が発生しました。 「せんせい、Mくんが、ぼくの靴に水かけた!」 理科係のMくん、本当はキャベツに水をやるのですが、 「掃除しようとして、たまたま、かかっちゃった」 ということのようです。 「くつ箱を掃除し…

ルールをつくりたくなる件

. Fさんが、 「先生、給食のおかわり、ルールを変えませんか」 と話しに来た。 4年生になったらルールがなくなっちゃったので、 復活させたい、と言う。 「3年生の時と同じルールがいいです」 それは、おかわりルールというべきもので、 おかずを減らした…

先生、ねむい。

. Aさんが、授業中、少し、寝てた。 「先生、Aちゃん、寝てる」 Aさんにきくと、 先生、ねむい。 というので、全員で10分寝ることにした。 「カーテンしめて!」 「ヒャッホー!」 「電気けそう!!」 寝よう、と言っただけで、このハイテンション。 もう…

消しゴムをひろってくれる人【道徳授業】

. 落ちた消しゴムを、拾う。 自分が落とした消しゴムは、 「あ」 と思って、拾う。 なんでひろうのかな。 「自分が使うから」 となりの子の消しゴムが、落ちた。 それを、自分がひろう場合は・・・。 そのときも、 「あ、ひろおう」 と思って、拾う。 なんで…

「困らない」への道 その2

. (「困らない」への道 その1より つづき) 教師になってからは、仲間に恵まれた。 現場の、同じ職員室の仲間や先輩にもめぐまれたが、 なによりも、同じ地域ですごす、気の置けない友人たちがいた。 わたしの話に、親身になって、耳をかたむけてくれた。 …

「困らない」への道 その1

. わたしが困らないようになったのは、幼いころに受けた経験もあるし、 また、10代、20代に周囲のいろいろな人や事象から、学び、影響を受けてきたからだと思う。 30代になり、ほぼ、 「これは、人生、困らないでも行けるかもな」 と思い出して、 教師…

子育て応援フェア「つながる子育て in おかざき 2017」

. 久しぶりに、わたしの住んでいる岡崎のことを。 いよいよ来週にせまってきました。 子育て応援フェア「つながる子育て in おかざき 2017」が開催されます。 市内で活動する子育て支援団体が集まります。 ワークショップやステージイベントなど様々。 な…

三重県で講演

. ブログを読んでくださっている方のご厚意により、 三重県の鈴鹿市でお話することになりました。 どんなお話ができるか、わくわく・・・。 お近くの方は、ぜひお越しくださいネ! 6月10日(土)15:00開場 15:30開始 17:30終了予定 会場 鈴鹿カルチャーステ…

おかあさん

. どの子も、お母さんのことになると、真剣に作文を書く。 どの子も、自分のお母さんはとくべつに、いい、と思っている。 お母さんの誕生日に、なになにをしてあげた、というのを、子どもが日記に書いてくる。 すると、お母さんはとてもよろこんでくれた、と…

成功することが良いことだ、と教えると・・・

. こういう思いがあると、 「失敗しないで!」 と、どうしても 声をかけたくなるだろう、と思うのです。 そうすると、失敗を、非常に恐れる子に育ちます。 また、 一度や二度、失敗したって、どうっていうことはない。 という考えも、あります。 図工で絵を…

Sくんがいない日の・・・

. ちがう学年の先生。 いろいろとクラスの子が言うことを聞かないので、苦労していた。 ある日、とても快活な感じで職員室で過ごされている。 雰囲気が明るいので、いいことでもあったのかと、 あとできいたら、 「Sくんが、お休みだったので」 ということだ…

呑気な声で

. 朝はできるだけ、呑気そうな声がでるように、訓練している。 授業中は、ハキハキ。 指示はわかりやすく。 遠くまで響く声で。明るく。 でも、朝の時間は、できるだけ呑気そうな声で。 朝。 まだ何もはじまっていない時間。始業まで、まだ15分もある、と…

コシの無い子

. タモリが昔、ラジオの中で 「やる気があるものは去れ」 と言ったってネ。 なんか、わかるわ。 だって、ただやる気があるのって、不健康だもの。 そのやる気、大丈夫? やる気があるって、なにをやるの? やる気がありますって、なにをするつもり? なんの…

将来の夢と目標について

. 目標を本当に立てられるくらい、しっかりしてる人は、 「目標とは、達成するのが目的ではない」ということが、 きちんと分かってる人のことだと思う。 達成できたら、素晴らしい。 大喜びすると、もっと気分がいい。 人生の中の、とっておきの楽しみだ。 …

テントウムシで学ぶ

. てんとう虫って、知ってる? というと、なーんだ、そんなのみんな知ってるよ、と言う。 では、漢字で書いてごらん。 えーっ!! 「なーんだ、知らないじゃないの」 その後、 Yくんが、懸命に言った言葉が、衝撃でしたネ。 どんな虫か、見たことはあるけど…

心が健康という件

. こころと脳の、ともに健康な子を育てる。 すると、どうなるか。 会話が、こうなる。 〇〇したいなァ 〇〇になったら面白いなァ 〇〇は、すてき 〇〇は、いいねえ 〇〇にしてみるか 〇〇するのもいいねえ 〇〇というのもあるゾ 〇〇にならないかなあ 〇〇や…

「つらい思いをさせてはならない」

. 先日、ナショナルジオグラフィック社の資料をつらつらと眺め見ていたら、 1914年、大正3年の記事におもしろいのがあった。 記事を書いたのは、女性ジャーナリストのエライザ・シドモア。 この人は、米国ワシントンへの桜の寄贈に一役買っている。 シ…

あこがれの掃除道具

. Hくんが、どうしても体育館のモップに興味があるようで、 休み時間に勝手に触って、運動委員会の高学年に怒られたそうである。 「先生、Hくんが、体育館のモップを勝手に使って怒られてた」 そこで、体育館で堂々とモップを使いたくなり、 「ようし、次の…

体育器具庫には入ってはいけない!

. 体育館での授業。 体育器具庫に、貼り紙がしてある。 「この中には入りません」 わたしが、 「この中には、入ってはいけないの?」 というと、子どもたちはみんな、うん、と頷く。 教室に戻ってきてから、再度、みんなに聞くと、 「入っちゃいけないんだよ…

喋りすぎるか、寡黙すぎるか

. 自分がしゃべりすぎているか、 それとも、 寡黙すぎるか、どちらかに偏っていないかと、ふと思う。 だれかと話す。 その瞬間、自分は本当に、楽な状態、自然な状態でいるか。 つまり、なにも格好もつけないでいられて、そのまま、素のままで生きているのだ…

無抵抗と、不服従

. 人間の宿命とか、運命と言うものがあるのだろうか。 あるとしたら、それは生まれた時代のことではないだろうか。 生まれ落ちた場所や、自分をとりまく社会、家族、 赤ん坊は、それを自分で選ぶことができない。 そして、人は、その中で、 どうしても、 無…

漢字の話 「泊る」と「晒す」

. 布を川のながれに泳がせて、布を白くすることを、晒(さら)す、と言う。 だれでも、漢字をつくるとしたら、これはサンズイだろう、と思う。 だって、川の水で、布を白くするんだから。 サンズイに、白、とするのではなかろうか。 ところが、サンズイに白…

鉛筆を削ってあげたい

. わたしは、もし自分が母親だったら、 子どもの筆箱を開けて、ウハウハと喜び勇んで、鉛筆を削ってあげたいですな。 それを見た子どもから、 「お母さん、もう自分でやるからいいよ」 と言われたら、 「あ、そう。ざーんねん!!もうあと、ちょっと、やりた…

「忖度(そんたく)」について

. 世の中がまっすぐ進むのなら、あえてそこを右や左にずれながら進んでみたい、という思考が、粋(いき)なのだろう。 表側ばかりを見る世間に対し、あえて裏地に凝ることで、ズレてみせる。 内田百閒は、小学生の時点で、くわえ煙草をしていたらしい。 先生…

中年の矜持とは

. わたしには、2人の姉がいる。 その2人の姉と、父のアトリエを片付けることになった。 父は体の具合が悪く、もう絵を描くことができない。 そこで母が号令をだし、このゴールデンウイークに一気に片づけろ、となった。 わたしが家につくと、もう足の踏み…

フォークシンガー岡崎やすしが歌います

. 愛知県岡崎市在住のフォークシンガー、岡崎やすしさん。 わたしのブログを見て、歌ってくれました。

そうじについて

. そうじをしない子。 いますよね。 わたしのクラスにも、います。 でも、叱られません。 ずーーーと、何もしないわけではありません。 見ていると、友達の動きを見ていて、ここ、という場面では動いています。 が、なんとなく分担もはっきりしないし、気持…

「叱らないで済んだ」という、ひとつの結果

. 面白いもので、次のステージに進む、と決めてから、いろいろと思うことが多くなった。 まずは、タイトルを変更してみた。 きっかけは、若い院生からのメールで、教育学部の彼女からもらったメールには、 「自分も新間先生のように、叱らないでやっていきた…

休み時間がいちばん楽しい

. くやしいけれど、どんな楽しい授業をしたって、休み時間にはかなわない、という気がする。 休み時間は、子どもが息を抜ける時間。 教室には、ほとんどの子がいなくなる。 残るのは、たったの2、3人。 その2、3人は、読みかけの本を夢中で読んでいたり…

きりの良いところまで、やり遂げなさい!

. お母さんたちも、なんだか 「子どものことで困る」 ことを、母親の責務であるかのように、考えているのではないか、と思います。 わたしが過去、かつて思っていたのと、同じように。 わたしも、教員というのは、 「子どものことで困ったり、心配してあげる…

落とし物について

. 教室に上着が落ちている。 授業が始まる直前だ。 当人は、気づいていないようだ。 どう声をかけるか。 「落ちてる。拾いなさい」 でもいいし、 「あ、落ちてるよ」 でもいいし、 「あ、上着だ」 でもいいし、 まあ、ぶっちゃけ、なんでもいいです。 つまり…

結局は学校、仲間、先生が好きかどうか

. 忘れ物がなくなるのは、わたしはたいへんに嬉しい。 「自分で必要なものが分かるようになったね」 「自分できちんと、準備ができるようになったね」 「道具を忘れないと、やりやすいね」 「道具があると、便利だし、よく分かるね」 「よかったね!みんな、…

忘れ物がなくなる理由

. もし、仮に。 忘れものをなくしていくには、教師が忘れ物を 恥とし、 罰することでしか なくならない。 そう思い込まされているのだとしたら、かなりのエネルギーのロスかと思います。 まず、教室に、「恥の文化」が育ち始めるからです。 「あいつが忘れる…

困らないけど、いいですか

. タイトル再考しました。 やはり、自分はもう、叱る、叱らないについては、 見事なくらいあっさりと、関心が消えてしまった。 そんなのは、もう、当たり前。 叱らないのは、当然。 そこで、今の興味は、ちがうところにあります。 「困る」と「困らない」で…

忘れ物について

. 忘れ物を叱らないのに、なぜか忘れ物がほとんど無くなっていく。 もちろん、最初の頃は、忘れる子もいれば、しない子もいる。 わたしは正直言うと、忘れ物のことなど、指導したことが無い。 というか、私自身が困らないので・・・。 いや、指導したことが…

家庭訪問は学びの宝庫

. 親は本当にすごい。 子どもをすべて受容する。 家庭訪問でどの家庭で、どのご両親に会っても、頭が自然に下がる。 子どもは、この愛のなかで育まれている。 お母様のお話を短い時間に集中して聞かせていただく。 わたしはもちろん、正座。 これは、そうで…

新スタート!ブログのタイトルを変えました!

. 祝!リニューアル! 「叱らないでもいいですか」が、新しいステージへ進化します!! 本日より、当ブログのタイトルを変更します。 新タイトルは、 ~リーダーを応援!~ 叱らないでも だいじょうぶ! 遠慮がちにつぶやいてきた、これまでのタイトルから、…

教室に赤ちゃんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

. 授業参観がありました。 中には、1歳にもならないくらいの赤ちゃんを連れて、授業参観に来る方もいる。 赤ちゃんを連れてくるの、全然問題ありません。 まったくOKです。 むしろ、わたしは赤ちゃんがくると、テンションが上がる。 授業中に赤ちゃんが泣…

1年生の順応性がすごい、という件

. 1年生になった子たちは、本当にすごいと思います。 これまでとはまったくちがう世界に飛び込んで、あっという間にあれこれとルールやしくみを理解し、すぐに順応していきます。 1年生の担任になった先生が、 「あの子たちが適応していこうとする力ってす…

怒声罵声はなぜ発生するか

. 運動会が近くなると、校庭に罵声がとぶようになる。 なぜか。 不安だからだ。 ピラミッドが完成せず、観客から 「あ~・・・」 と言われるのが怖いのだ。 だから、罵声や怒声をひびかせ、子どもたちを有無を言わさずコントロールしよう、となる。 教師は、…

肝心なものは手に入れられない

. 運動会でうんと高いピラミッドが完成しても、なんだか中身がスカスカだと、後味が悪い。 校庭に、怒声罵声が響きわたり、嫌みや皮肉を言われまくって、子どもたちがげんなりした顔でつくったピラミッド。 親も先生も、後味が悪すぎて、感動も何もないもの…

「なんか、世の中、ずるいよね~」

. 職場の親睦会(飲み会)がありました。 研究会や部会、学年会でまだお互いにほとんど話したことのない人がいる。 出会ってまだ2週間のお互いで、ちょっと懇親会、ということになった。 二次会で、複数の先生にさそわれて、岡崎市内の小さなお店に行きまし…

早口について

. テレビのお笑い番組。 商売柄、どんなふうに話を進めるか、どの程度話題を拡げるか、 芸人さんたちのトーク術など、気にして見ることが多い。 ふと気が付いた。 見ていると、芸人さんたちは、相当な早口(はやくち)だ。 まてよ・・・。こういう番組を、子…

不安も無く、困りもしない

. 「〇〇にならないかな、あの子どうなるんだろう、だいじょうぶかな、心配だな~」 (ああ、そういうふうに不安になるのか) 「あの子、大丈夫だと思う?」 と聞かれたから、 「うん」 というと、 なんとも意外な表情で、あっけにとられたように、 「なんで…

教員のワーカホリック癖について

. 教員は、なにかを、やりすぎなのではないだろうか。 過剰に、やりすぎ、なのではないだろうか。 アルコールでも、塩分でも、過剰なのではないだろうか。 そして、いろいろなことを、気にしすぎなのではないだろうか。 さらには、働きすぎなのではないだろ…

本当の元気とみかけの元気

. よく、「元気な子」と言われる子がいます。 しょっ中、大声で騒いでる。 朝読書の時間も、隣の子になんやかんや、と話している。 そうじの時間も、ほうきをふりまわしながら、 友だちにちょっかいばかりかけている。 一方で・・・ 1年生の入学式で、拍手…

全員立ち上がってましたが・・・お説教でしたか?

. 職員室で、声をかけられた。 まだ学級開きの初日、である。 入学式や始業式があり、子どもたちとろくに話もしていない。 顔もまだひとりひとり、見たのか見ないのか、という感じ。 お互いにドキドキしている。 ある先生が、 「新間先生!先生のクラス、全…

もの隠しの場合~叱らないでも~

. いくら、行動面の指導をしても、それだけではダメだ。 伝えることを伝えておいても、「叱らないではいられない」 という場合もあるだろう。 たとえば、意地の悪いことをする子の場合。 友達の靴を隠したり、消しゴムを隠したり。 ノートを、自分で自宅に置…