叱らないでも いいですか

「叱らないで、子どもに伝える・通じ合う」 小学校教師、『新間草海』の本音トークです。

「子ども」とは

先生、ねむい。

. Aさんが、授業中、少し、寝てた。 「先生、Aちゃん、寝てる」 Aさんにきくと、 先生、ねむい。 というので、全員で10分寝ることにした。 「カーテンしめて!」 「ヒャッホー!」 「電気けそう!!」 寝よう、と言っただけで、このハイテンション。 もう…

休み時間がいちばん楽しい

. くやしいけれど、どんな楽しい授業をしたって、休み時間にはかなわない、という気がする。 休み時間は、子どもが息を抜ける時間。 教室には、ほとんどの子がいなくなる。 残るのは、たったの2、3人。 その2、3人は、読みかけの本を夢中で読んでいたり…

きりの良いところまで、やり遂げなさい!

. お母さんたちも、なんだか 「子どものことで困る」 ことを、母親の責務であるかのように、考えているのではないか、と思います。 わたしが過去、かつて思っていたのと、同じように。 わたしも、教員というのは、 「子どものことで困ったり、心配してあげる…

結局は学校、仲間、先生が好きかどうか

. 忘れ物がなくなるのは、わたしはたいへんに嬉しい。 「自分で必要なものが分かるようになったね」 「自分できちんと、準備ができるようになったね」 「道具を忘れないと、やりやすいね」 「道具があると、便利だし、よく分かるね」 「よかったね!みんな、…

怒声罵声はなぜ発生するか

. 運動会が近くなると、校庭に罵声がとぶようになる。 なぜか。 不安だからだ。 ピラミッドが完成せず、観客から 「あ~・・・」 と言われるのが怖いのだ。 だから、罵声や怒声をひびかせ、子どもたちを有無を言わさずコントロールしよう、となる。 教師は、…

本当の元気とみかけの元気

. よく、「元気な子」と言われる子がいます。 しょっ中、大声で騒いでる。 朝読書の時間も、隣の子になんやかんや、と話している。 そうじの時間も、ほうきをふりまわしながら、 友だちにちょっかいばかりかけている。 一方で・・・ 1年生の入学式で、拍手…

叱らないと決めたら・・・その2

. あまりの効果の高さに、わたしは驚愕し、これはいったいどういうことか、と解析にやっきとなった。 もしかすると、これまで大人が子どもを叱っていたのは、 ただ単に。 きちんと教えてなかったからではないか。 これは、もしそうだとすると、あまりにも巨…

叱らないと決めたら、教えることだらけ

. 叱らない、ということは、これは大変なことだ、とだんだん分かってきた。 子どもたちが、次の動きややることについて、きちんと分かっていないといけないからである。 分かっていないと、すぐに叱られてしまう。(他の先生に) そこで、前もって、十分に伝…

子どもにとっての『適温』

. 幼い頃、おじいさん、おばあさんを観察していると、 ぬるい感じ がしていた。 シュッとして、チャンとして、カチっとしているのが、自分のママなのだとしたら、 祖父や祖母の家にいくと、なんとなく感じる、「ぬるさ」。 そうじ機も、自分の住む家の掃除機…

日本人は緊張している

. わたしは、虫の名前を、教えない。 学習指導要領に、すべての昆虫の正しい名称を教える、というのがあれば、教えるだろうが・・・。 見たことも無い毛虫の名前を、 「タケカレハ」 と教えるのではなく、 「ナンジャコレハ」 としか、言わない。 あなたなら…

「耳なし芳一」を知らぬ子どもたち

. 「竹取物語」の概要は、ほとんどの子が知っている。 しかし、よくは知らないようだ。 おそらく、絵本などで簡略化されたお話として、ほんの少し、見聞きして知っている程度なのであろう。 いちばん単純なお話としては、 「かぐや姫が竹から生まれ、大きく…

「こうやると、うまくいくかもよ」と言ってほしい

. 学校でアンケートを取ります。 だいたい、日本中どこでもとるんじゃないかな。 文科省からも言われているし、アンケートをとるしか、実質的に職員が参考になるものがない。 子どもたちの声を可視化するツールとして、アンケートが使われる。 そこで、最近…

ぼくは約束なんてしたくない

. 学校で生きていると、これはもう、毎日が修行であり、悟りの毎日。 今日はこんなことがありました。 廊下を歩いていると、 「いいか、約束だからな!」 という男の先生の声が聞こえました。 そして、その先生の向こう側には、男の子がいて、なにやらぶつぶ…

虫とネコばかり追いかけている子

. Rさんはネコを飼っています。 日記は、ネコのことだらけ。 赤ちゃん猫をもらってから、ずっと毎日ネコを追いかけている様子です。 夏休みも、自由研究を提出。 模造紙3枚びっしりとネコの体重やらなにやら、データをとりまくっておりました。 「ネコと会…

雲(くも)をあやつる少年

. 2年生の校舎に行く、石廊下のとちゅうで、少年が立ってた。 わたしはバケツの水を運んでいたので、 「ごめんね~うしろ通るよ~」 と後ろを通ろうとしたら、その少年が乳歯の抜けた顔をにやつかせながら振り向いて、 「先生、雲が消えたよ!」 と空を指し…

教室でカエルを飼う

. 教室で、カエルを飼っております。 成り行きで。 責任者は、女の子です。 ダンスの大好きな。 ダンスの大会にも出ちゃうような。 ポニーテールをなびかせて、自転車こいでパンを買いに行っちゃうような雰囲気の子です。 で、カエルが大好きだそうです。 ケ…

これまでの人生でいちばん驚いたこと

. 帰りの会で、スピーチをします。 人生でいちばんびっくりした出来事。 Aくん。 「はるな愛がオネエだと知ったこと」 テレビを見ていて、ある日の家族の会話で、オネエが話題になり、 高校生の兄が「はるなが・・・」と話した。 まさかあの、はるな、だと…

蝶の標本づくり

. 4年生の男の子たちに、いきなり学校中で声をかけられるようになった。 それは、 「あの先生は、昆虫の先生らしいぞ」 という噂がひろがったためだと思われる。 出勤前の朝。 他の教師がめったに顔を出すことのない、学校裏の雑木林に行くと、ひょっこりと…

ろくむし、かかし、ポコペン・・・

. わたしは、学校がきらいな子どもでした。 なにせ、学校までが遠い! 3キロ半はあったと思います。 1年生の時に、1時間10分かかっていた。 2年生になったら、1時間ジャストで帰ってこれた。 両親が 「歩くのが速くなった」 と、喜んでくれたくらいで…

スプラトゥーンが結ぶ縁

. どのクラスにも、愛嬌ある、小さなマスコットのような男の子がいるものだ。 失敗しても、へっちゃら。 周りのみんなが笑っても、いっしょになって自分のことを笑っちゃう。 堂々として、思ったことを言う。 誰かれとなく話しかけ、好かれている。 で、つい…

給食に命をかける女子

. クラスには個性があふれている。 一人の女子。 2時間目の休み時間になると、だれもがみんな、その子に声をかける。 「ねえねえ、Aちゃん、・・・」 「Aちゃん、わたしにも・・・」 男子までが声をかける。 「なあ、A、たのむよ・・・」 「Aが言ってた…

平成の子も、ミステリーで盛り上がる!?

. UFOといえば、矢追純一。 ミステリーサークルやCIAにつかまった宇宙人の写真など、思えば昭和の子どもたちは、それがどうにも嘘くさいと分かっていながら、きちんとその、「大人の遊び」に付き合ったものだった。 水曜スペシャルの「探検隊」シリー…

先生の言う通りは、つまんないな、と感じる心

. 学習発表会で、教師が一番たのしいのは、 「え、この子たち、こんなこと考えたのか!」 ということ。 高学年になるほど、自分の意見のオリジナリティーを出そうとします。 そこが、面白い。 「先生、ここまで考えたんだから、ぜひやらせて!」 これこそが…

みんな同じのわけが、ない。

. もし、こんな感じ方を持っているとしたら、という話。 日本の子どもたちについて。 「みんな、同じような顔をして、同じような服を着て、同じような考え方で、同じような態度でいる」 と、思っている人がいたとしたら。 どうしてそのように自分は思ってい…

「子どもは他人と同じだと喜ぶ」という件

. これだけ「個性尊重」が叫ばれているのにも関わらず、である。 子どもと暮らしていると、彼らがいかに、 「他と同じであることを尊ぶか」、誰しも驚くであろう。 そろそろ席替え、というコールがあがってきたので、じゃ、席替えしましょう、と。 みんなで…

「テレビが見られんけど、別にいい」

. 給食のときには、リラックスモード。 ふだん見ているテレビ番組のことや、ゲームのことなどが話題になります。 男子の声は・・・大きいなぁ。 ゲラゲラ笑ってる。 芸能人のことを、いろいろと批評している。 お笑いの人について、あれこれと。 女子は・・…

人生の方から、やってくる。

. 子どもも、大人も、いっしょ。 人生は、等しく、同じようにある。 同じスピードで、同じように、時はきざまれていく。 子どもが花を愛し、歩いているネコに興味を持つ。 大人も同じ。 てんとう虫がいたら、 「あ、テントウムシ!」と言うし、 うまい常夜鍋…

このままではまずい、について

. 「このままではまずいと思うので、頑張りたい」 日記には、その子の思っていることの一部が見え隠れする。 単純に、がんばって〇〇できるようになりたい、ではないのです。 このままではまずいと思うので が気になる。 今の社会は、『がんばって克服するの…

子育てのコツの中のコツ

. これは子育てのコツの中のコツ。 人間社会では、どうしても年下がひいきされます。それが人情です。 大人が「かわいい」と思って関心を持ち、つきあってやり、話を聞いてやるとき、優先されがちなのは年下の子の方です。 まあ、それが当然で、人はもっとも…

小5の夏は・・・

. たまたま名古屋まで所用で出かけた。 名古屋駅前はいつも通りで、直射日光と湿度がアスファルトを異様なまでに蒸すため陽炎がたち、10m先を歩く人の後ろ姿が、揺らめいて見える。 多治見市ではついに40度を超えたらしく、名古屋でもできるだけ日陰を…

七夕さまに「お願い!」

. 7月7日。 今日は、七夕さま。 各クラスで子どもたちはお願いを書いてる。 給食のときに、1年生の教室近くを通ったら、笹の枝が設置してあった。 子どもたちの「お願い」が、さっそく飾ってあります。 クリスマスが はやくきますように ばば なおたか 廊…

不安がない、ということ

. 不安があるかないか。 このことが、何をするのでも、本当に大きなこと。 人には、なにをするのでも、どんなことをしようとするときにでも、 なぜ、それをするのか、という動機がある。 いろいろな動機があるのだけれど、 中には、不安を消そう、ということ…

嫉妬はよくない?

. 嫉妬、というものについて、とことん突き詰めて考えてみよう、ということ。 考えるといっても、1週間や2週間かけて、という程度ではない、数年かけても、とことん追求してみる、という覚悟。 どこかの他人の嫉妬ではなく、自分自身の。 まぎれもなく、自…

鳥のたまご、みっけた。

. 「先生、たまご見っけた」 机の上にのせたのは、白い小さなウズラくらいの卵。 学校の隣の林の中でみつけたそうな。 「落ちてたの」 なるほど。 わたしは、まったく動じず、その子の顔を見る。 なにかが書いてある。 「これを教室で飼うわ」 と書いてある…

いろんなふうに、考えられる、という件

. いろいろと考えるのが、面白い。 ああだ、こうだ、と考えを言い合うのが、面白い。 教科書と合っているかどうかが大事なのではなく、 俺たちは、こんなふうにも、考えることができたのだ、という自負。 瓶(びん)の中で、ろうそくの火を燃やし、蓋をした…

悪循環から、抜け出すもの

. 前回からの、つづきです。 こういうことを、つらつらと考えているうちに、学級でいろんな揉め事が起きる。 子ども同士で、相手を変えようとして頑張っていることがある。 大抵、正義ヅラして、相手の行動を非難する子がいるので、話を聞きます。 すると、…

人間は、そうやって、最初から、生まれついている

. 前回からの、つづきです。 人の怒りが向いているのは、相手の方向ではない。 相手に、向けられているのではない。 なぜ、相手に対してではないか。 実は、人間は、相手の真意がよくわかったり、見えてきたりした瞬間、スッと怒りが溶けてしまう、というこ…

運動会のグランドの釘のこと

. 人間である子どもたちを、 世間に引き寄せようとする。 そのことに、わたくしは、虚しささえ感じる。 逆に、自分の方が引き寄せられてしまう。 世間の枠からはみ出て、子どもたちが住む、 世間の価値とはズレた場所へと 誘い込まれてしまう。 ここに、ある…

目の無いネコの話

. 「先生、目の無いネコがいるよ」 子どもから、時折、とんでもないことを知らされることがある。 学校にいるのではなく、登下校中の美容室の駐車場にいるのだそうだ。 世の中はシリアなど中東のことや、テロの話、ドイツとフランスの蜜月などの政治的な話題…

せっかくうまくいったのに。

. たまに、低学年の教室をのぞくことがある。 熱を出して休まれた先生がいて、急きょ、わたしが朝の様子を見に行くことになった。 教室まで行くと、なんだかワイワイ騒いでいる。 無理もない。 いつもはいるはずの先生がおらず、見張っている人もいないので…

【デザートづくり】やんちゃくんが何をもってくるか

. お楽しみ会をしまーす。 今回は、待ちに待った、デザート・クッキング大会! 家庭科室をお借りして、みんなでデザートクッキングとしゃれこもう!! ・・・ で、本日、事前の打ち合わせをやったのですが・・・。 一応、全員が何かしら材料を持って来よう、…

「素」でいることのメンタルパワー

. 今年一年の振り返り、その1。 久しぶり、高学年の担任となって、まずは授業が面白かった。 あれやこれや、けっこう難しいことをやっても、話し合える楽しさ。 もうすっかり、クラスを良くしよう、というの、無くなったなあ。 何もしなくても、十分に、い…

【小学生の心理学】なぜテンション下がるの?

. ある女の子が、実に不思議そうに、 「なんで、だれかを【嫌い】になると、テンション下がるのかねぇ?」 と言ったことがある。 これまで、好き、嫌い、怒り、腹立ち、など、何だろう、どうしてだろう、考えてきた経緯があるからか。 実際、ここまで考えて…

Chinaの国のネズミーランド

. 中華人民共和国に、もう5,6年くらい前になるか、 ある遊園地ができた。 なんだかネズミの着ぐるみとか、服を着た犬とかあひるの着ぐるみがうろうろしていて、なんだか見る人によっては、 「ディズニーランドのパクリじゃねえか」 と思えたらしい。 で、…

はんぶんおりたところ A・A・ミルン

. 休み時間は、いちばん大事な時間。 その子の素顔が出てくる。 職員室へ行く道すがらに、校庭を眺めている先生や、子どもに話しかけている先生がいます。 ふと見ると、校庭へ出ていく若い男性の先生が。 「えー!ひろきくんが鬼って言ってたぞ!」 大声で子…

うち、美容師になって、幸せになる!

. 「やりたいこと、願っていることがある」 なーんて胸を張っても。 そのやりたいこと、自分がやりたいことなんかではなく、他の人の希望だったり、マスコミが言ってるから、だったりすること、よくある。 その「夢」、本当に自分のもの? 一生続くもの? ↑ …

はらがたって、はらがたって、お菓子ぜんぶ食べた

. 最近、また「腹が立つ」ということについて考えるきっかけがあり、 「腹が立つ」、で思い出した事例。 わたしは当時、学級で、 「腹が立ったら、教えてね」 と話をしていたので、 日記に、こんなようなことを書いてきてくれた。 授業参観でお母さんが来て…

靴下をはかない子 ~『大造じいさんとガン』~

. くつ下を履かない子がいる。 笑うと白い歯が目立つ、Yくんだ。 サッカー大好き、それもイタリア・セリエAの話題をよく知っていて、得意げに説明してくれる。 今日、国語の授業中、アレッと思った。 Yくん、机の下に、はだしのつま先が見える。 足のつめま…

高学年の実行力というのは、時に、おそろしい

. 夏休みが終わって、もうすぐ、2学期がはじまる。 この時期の教員は、 「ああ~、いよいよ怒涛の新学期だわ~」 とか、愚痴をこぼしているものの、内心はとても楽しみにしているのである。 最初の楽しみは、子どもたちの作品だ。 作文がとくに楽しみ。 ど…

懲りずにピッピ・イノベーション その3

. 懲りずに、 ピッピ・イノベーション、であります。 イノベーションと言う言葉は、日本では技術革新的な意味で使われますが、 広義では、ひと・組織、の革命をも意味するそうです。 さて、1年生の男の子が、6年生の教室まで、遊びに行く。 入学したての春…